犬猫の直販システム New・eペットセンター

ブリーダー ペットショップ 犬猫直販サイト eペットセンター

eペットセンターとは? 

株式会社日本ペットショップ協会(JAPeT)が運営する会員制の「犬猫直販システム」です。
2013年9月からは事前現物確認、対面販売が施行され、通販型販売は大きな曲がり角を迎えます。例外規定はなくこれを破って販売した場合は、最悪、動物取扱業資格取り消しとなります。
当社はこれに対応した地域販売サービス(遠隔地販売システム)を準備していますが、これをご利用いただける前提はeペットセンター(orどうぶつひろば)に生体登録していることであります。
これを契機として、今までの登録システムも大幅に見直し、New・eペットセンターが誕生しました。

1、JAPeTの代理店である「どうぶつひろば」とデーターの相互乗り入れを実施。
即ち、一方に登録すると他方のデータベースも登録・更新される。2つのデータベースを利用し、問合せ量の拡大に貢献する。

2、JAPeT認定ブリーダー10ヶ条を自己審査し、承認した方しか登録できない。
もちろん、動物取扱業登録のコピー提出を終えていること。
登録に当たっては「eペットセンターご利用規約」を遵守いただける方で瑕疵担保責任を負える業者であること。

3、生体を登録した瞬間に「ペットアベニュー&全代理店」にリンク(MPBリンク)。
問合せ窓口が多数存在することになる。
問合せは、窓口となった代理店(orペットアベニュー)、生体登録店、事務局、お客様の4箇所に同時に流れ、迅速且つ正確に対応する為にも 生体登録店が販売に当たる。

4、決定した場合、システム利用料として窓口となった代理店(orペットアベニュー)に謝礼金2.1万(導線手数料と言う。代理店間は1万円)、お届けから6ヵ月間の生体保証料1万円(代理店は別規定)、合わせて3.1万円をJAPeT事務局に支払う。

5、地域販売サービス(遠隔地販売システム)を開始する。
JAPeT代理店が地域サービスセンター(SC)として販売業務代行を請け負う。但し、JAPeT代理店=地域販売対応SCにあらず、一部の代理店が対応する。当初のカバーエリアは限定されるが順次全国に拡大する。これを利用される場合の条件、料金、対応エリアなどはログインしてご確認いただきたい。


詳細なご案内をご覧ください!
ブリーダー 犬猫卸情報 登録 詳細繁殖した犬猫を
ネットで販売したい
ブリーダー様募集

コメントは受け付けていません。